sappori BLOG

sapporiの好きな事をいろいろ書いています。

2015年の手帳を購入しました!!手帳はやっぱりDELFONICS(デルフォニックス)!!

http://www.flickr.com/photos/24633783@N00/3652349385

photo by - luz -

手書き大好きサッポリですどうも。

少し前から本屋さんや雑貨屋さん、ハンズやロフト等どこに行っても手帳コーナーというものが作られていて、いろんなブランドの手帳が大量に並んでいましたね。

今日やっと2015年の手帳を購入しました!!

DELFONICS(デルフォニックス)の手帳

今年購入したのはこの手帳です。綺麗なピンク!!

横から見ると紙の淵がゴールドなんです。

上品なシボ素材と豊富なカラーがが魅力のダイアリー(1月はじまり)

躍動感のあるカラーと、上質な素材感が魅力の定番ダイアリー。シボの表情と丁寧なステッチが、洗練された印象を与えます。新たに、上品なゴールドカラーが登場し、レッドとブルーもより鮮やかな色にリニューアルしています。
バッグの中でもかさばらず、書き込みにもゆとりがあるB6サイズ。スリムに持ち歩ける、マンスリータイプです。リフィルは差し替えが可能です。
B6サイズは、このマンスリーのほか、ウィークリー、デイリーの3タイプをご用意。また、キトリのウィークリータイプはA6、A5、B6、レギュラーと、4種類のサイズがございます。
素材  :【カバー】PVC(塩ビ)/【中面】紙
生産国 :日本
サイズ :横135×縦192×厚み8mm
開始月 :2015年1月
仕様  :【種別】プラクティカルダイアリー/【タイプ】マンスリー/【サイズ】B6
備考  :【リフィル】ダイアリーリフィルマンスリーB6

 


マンスリーB6キトリ | マンスリーダイアリー | DELFONICS WEB SHOP-デルフォニックスウェブショップ-

サッポリ大好きなんですDELFONICS(デルフォニックス)!!!

DELFONICSの手帳が必需品になったのは大学1年生の頃。

シンプルで、見やすくて、使いやすくて、書き込みやすくて、1年間毎日カバンの中に入れて持ち歩き使用するアイテムとして自分の好みと使い勝手の良さに妥協はあり得ない!!っていうこだわりが手帳選びにあります。

大事なページ

ここ!!

サッポリにとって大事なページは、手帳を開いて最初のほうにあるこの日月一覧表。

このページはパッと1年が見える唯一のページです。

この見開きがないと不便なんですサッポリ。

このページの使い方としては、何日か続く事を矢印などでピーっとできること。

例えば、大型連休や旅行、生理の日数もピーっと矢印引けます。周期もすぐわかるようになる。超便利。

意味ごとに矢印を引くペンの色分けをして自分で把握しておけば言葉を書き込まなくても自分でわかっているので他人に見られてもなんてことない!

タブも重要

今回購入したこちらの手帳は月がタブになっているという素敵さ。

サッポリは最初の日月一覧と、月のページと、多少のメモページ、あとは表紙の裏側にポストカードやシール、メモなどをちょいと挟めればいいのです。

満足!!

赤い手帳は使ったことあるけど、ピンクは初めてです!!

普段選ばない色だし、新しい年を迎えるし、新しい事をしたい!

1年間大事に使ってびっしり書き込んで使い倒したいと思います。

 

ちなみに手帳を書くときのペンもDELFONICSです。これ。

木製のボールペン!!かわいいですよねー!

 

DELFONICS(デルフォニックス)の商品が気になる方はこちらで見られます。


DELFONICS WEB SHOP

紙の本から電子書籍になったり、メモもスマホでとったり、漫画も音楽もネット配信がどんどん増えたりしていてこんなにもデジタル押しの社会になっているのに、手帳コーナーには人が群がる不思議。

携帯に最初から入っているスケジュール機能とか、スケジュールアプリとかがたくさんあるのにね。

サッポリは昔から超アナログ人間です。

自分で手書きするという行為そのものが好きなんです。

少し変わっている趣味というか好きな事を1つあげると、買った参考書や小説等をノートにまるまる書き写すという他人にはよくわからない事を時々行います。

手も痛くなるし目も疲れるけど、ノートに書くということが楽しいんですよね。

何か資格の勉強をするときもサッポリはそれを行っています。

本1冊全部書き写すと、本の内容全部覚えられるのでおすすめです。

川島隆太教授の脳を鍛える大人の書写ドリル―俳句・短歌60日

川島隆太教授の脳を鍛える大人の書写ドリル―俳句・短歌60日

 
夏目漱石をまねる美しい日本語書き写し文章術

夏目漱石をまねる美しい日本語書き写し文章術

 

 関連記事