読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sappori BLOG

sapporiの好きな事をいろいろ書いています。

【Hulu】映画『サブウェイ123激突』を観ました!ジョントラボルタがかっこいい!

頭のてっぺんに円形脱毛ができましたサッポリですこんにちは!!最近はヘアバンドやクリップが大活躍しています。かわいいクリップでまとめるだけ簡単ヘアアレンジでおしゃれしてます的な雰囲気を醸し出しつつ頭のハゲを隠すために必死な毎日です。

円形脱毛はかなりショックですが、同じように悩んでいる人もいるかもしれないので後で別記事にまとめたいと思います。

今回は、先週末に何気なく流し始めた映画『サブウェイ123』が面白かったのでネタバレなしで紹介したいと思います。

思っていたよりもアクションは少ないですが、人質とタイムリミットなど常に緊迫感があってスピード感のある内容でした。頭のキレる地下鉄ジャック犯、ジョントラボルタが渋くて超かっこいい。

映画『サブウェイ123 激突』

あらすじ

ニューヨーク地下鉄。1時23分列車がハイジャックされた。

ライダーと名乗る男 (ジョン・トラボルタ) の要求は1000万ドル、身代金を用意するのはニューヨーク市長、人質は19名、残された時間は59分間。

さらに、交渉相手にはただの地下鉄職員ガーバー (デンゼル・ワシントン) を指名…。犯人が仕組んだ完璧なシナリオ通りに「事件」が動き始めるが―!? 74年の傑作サスペンス『サブウェイ・パニック』をトニー・スコット監督がスタイリッシュに映像化。サブウェイ123激突

キャスト

ウォルター・ガーバー(デンゼル・ワシントン)

地下鉄の運行指令室で働いている。ライダーに交渉役に指名され人質のために交渉をする。ガーバーとライダーのこの出会いは偶然か必然かガーバーの過去も浮き彫りになります。

ライダー(ジョン・トラボルタ)

地下鉄ジャック主謀者。

ジョントラボルタ、超かっこいいのだけれど顔が超でかい。でかく見えるだけなのか本当にでかいのか。顔のでかさはさておき渋さにしびれます!シワもヒゲも、考えている時の顔も薄ら笑いも全てがかっこよすぎます。

カモネッティ警部補(ジョン・タトゥーロ)

ガーバーに交渉術を教える。警部補なのになんとなく頼りない感じがしました。この人ではきっとライダーとやり取りできないよね。

レイモス(ルイス・ガスマン)

ライダーの仲間の一人。地下鉄運転士。

ジョンソン(マイケル・リスポリ)

ガーバーの上司。

いるよねこういう上司。っていう感じの何もできないし何も把握できないのに肩書きだけあるような印象でした。

ニューヨーク市長(ジェームズ・ガンドルフィーニ)

ニューヨーク市長。

これまた、いるよねこういう政治家。って感じ。政治家なんてやっぱり自分の利益だけしか考えていない人間が多いよねきっと。

予告


The Taking of Pelham 1 2 3 Trailer #2 New!!

公式サイトはこちら

感想

タイトルだけだと微妙な印象を受けましたが、意外と面白かったです。あっという間にさらっと観終わってしまった。

とっても単純に、ジョントラボルタかっこいいなぁーシリアスな表情いいなぁーくらいの感じで観ている分には面白く観れるかなと思います。

細かく観ていくとそこまでストーリーが作り込まれた感は少なく、「激突」という内容はどこにあったのか謎で、ガーバーとライダーの詳細な過去も若干浅いかなー。

ほぼガーバーとライダーで進んでいくのですが、もっと激しく周りを巻き込む展開になってアクション要素も多めに入れてくれたらより楽しく観られたかったかもなぁ。

ネタバレなしで書きたいけれども内容に触れないと説明しにくい部分が多い映画だったのでなかなか難しいですね。

地下鉄ジャックという設定とデンゼルワシントンとジョントラボルタは素敵で良かったのだけれど、ドキドキハラハラする感覚や、いい映画だったーという感動はないかもしれない。まだ観ていない人はぜひ観てみてください。

この作品の監督、トニースコットの作品の中では『ドミノ』が好きです。ドミノ、知ってますか?

実在したドミノ・ハーヴェイという女性賞金稼ぎをキーラーナイトレイが演じていてとてもとてもかっこ良いのですよ。面白かったのでこちらも気になる人はぜひ観てみてください。

 

デジャヴ (吹替版)

デジャヴ (吹替版)

 
サブウェイ123 激突 (字幕版)
 
ドミノ (字幕版)

ドミノ (字幕版)

 

関連記事