sappori BLOG

sapporiの好きな事をいろいろ書いています。

【Hulu】映画『寄生獣』『寄生獣 完結編』を観ました。ミギーのリアルさが気持ち悪いけどやっぱり可愛い。

Huluで映画『寄生獣』が配信されたので早速観てみました。

私は漫画をもともと読んでいて、アニメ放送が開始された時は嬉しくて嬉しくてHuluで見逃し配信を観ていました。

その後2014年に実写化1作目、2015年に2作目の完結編が公開されました。

実写で映画をやることを知った時はどうやってあれを映画にするんだろうかと興味がありつつも原作ファンからしてみるとやはりイメージというものがそれぞれ出来上がっているのでなかなか実写版を見たいという気持ちになれなかったのですが想像以上にリアルな寄生獣で面白かったです。

ミギーの可愛さにリアルな気持ち悪さが加わっていてじっくりミギーを見たくなるし、顔がパカッと開くところも一瞬で人間の顔がなくなるところもおぉーっという感じで内容を知っているけれども見ていて飽きず、戦闘シーンもなかなか激しく面白かったです。

寄生獣

あらすじ

世界にマンガを知らしめた伝説の大傑作が、ついに映画化。人間に寄生し、擬態し、捕食する新種の寄生生物「パラサイト」が出現。高校生・泉新一は、ある日右手をパラサイトに喰われ、寄生されてしまう。そのパラサイトはミギーと名乗り、急速に人間の文化や言語を習得していった。奇妙な共同生活をスタートした彼らだったが、街中に潜み人間を喰らうパラサイトたちが日常を侵食するにつれ、過酷な戦いに身を投じる事になるのだった。寄生獣  

キャスト

漫画も映画も登場人物が多いのでメインのキャラクターだけ少し紹介します。

映画の公式サイトがすでに閉鎖していたので寄生獣アニメ公式サイトから画像をお借りしました。

泉新一(染谷将太)

アニメ『寄生獣 セイの格率』公式サイト

主人公の泉新一を演じるのは染谷将太くん。漫画の新一のイメージとはやっぱり違うよねというのが最初の印象。漫画の新一は本当に平凡な高校生だけれど、染谷くん全然平凡そうじゃないんだもの。映画だから当たり前か。最初は若干違和感を感じたけれど進むにつれてなくって、違和感よりも話の展開に観入ってしまいました。

村野里見(橋本愛)

漫画と微妙にイメージは違う。でもものすごくかわいいからどうでもよくなる。1作目より2作目の完結編の方が登場シーンが多かったです。

泉信子(余貴美子)

新一のお母さん役ナイスキャスティングです。優しさや儚さ、強さを感じる。原作で涙腺崩壊超感動のシーンが映画ではかなり結構変わってはいましたが最後の最後まで愛情を感じられる悲しくて切ない登場シーンでした。

田宮良子(深津絵里)

実写化されると知ってから気になっていた田宮良子役は深津絵里さん。目が超怖いです。無表情なのに目の威圧感が凄まじくて素晴らしかったです。

広川 剛志(北村一輝)

人間を乗っ取ったパラサイトが人間のふりをして政治家になるって恐ろしい。原作ではほとんど無表情だった広川ですが、北村一輝さんが演じている広川は結構表情があり、それが逆に怖いです。校内で暴れた島田も原作とはかけ離れた嘘くさい笑顔を作っていました。単純なのか計算した顔なのかわからない気持ち悪さ。

後藤(浅野忠信)

超強いパラサイトのトップを演じているのはまさかの浅野さんでした。狂気的な目がやばい。これだけでも観てみる価値ありです。高級ディナーを食べているかと思いきや口からペッと吐き出したイヤリング。人間ではないので何を食べても当たり前なのだけれど、高貴な雰囲気が羊たちの沈黙レクターさんを彷彿とさせます。

浦上(新井浩文)

原作でも映画でもとても重要なキャラクターである囚人の浦上を演じていたのは大好き新井さん。ヘルタースケルターのおねぇ役も好きでしたが、やはりガラの悪い役、とてつもなく似合いますよね。かっこいいです。

ミギー(阿部サダヲ)

最後に、ミギー。声を阿部サダヲさんが演じています。最初全然気がつかず、映画のジャケットに載っていた阿部さんを見て、出ていたっけ?と思ったらミギーの声でした。

漫画からアニメになる時にどんな感じなのだろうかと思って見始めたら漫画よりも可愛く思えて、さらに実写化でミギーどうするんだと気になっていましたが超リアルになりました。

特に唇ね。鼻下の溝や唇のシワ、口角の動きなんかもとてもリアルですごく気持ち悪いです。でも、やはりミギーはキュートです。

アニメ「エルドライブ」の主人公の胸からドルーというめちゃくちゃ可愛い地球外生命体が飛び出ているのですが、同じ地球外生命体なのに全然違う。自分に地球外生命体が寄生することがあるならできればドルーぽいのがいいなぁ。

感想

原作を読んでいても少しずつ映画と原作の内容が違うのでネタバレなしです。私のように今更感満載だけれどこれから寄生獣を観るよっていう人もまだいるかもしれない。

原作も好きだしアニメも好き。映画もクオリティーの高さと原作とは違う展開に驚きながらも楽しく観ることができました!

上半身スパーンと切れたりね、おぉーすごい!っていうシーンが多くて全然飽きずに観られました。戦闘シーンもシュシュシュキンキンキーンと激しくてミギーを応援してしまう。面白かったです。

最近CGですごいと思ったのはウォーキングデッドの虎。最初本物だと思ってスゲーって観ていたけれどメイキングでCGだったことにとても驚きました。ナルニアもリアルですごいですよね。CG技術の進化、素晴らしいです。これまで不可能と思われていた原作の実写化などが今後もっと増えそうな気がします。

地球外生命体とか他の星のことは宇宙の神秘。まだまだ解明されていないことも、発見されていない星もたくさんある。そういうことを考えているとワクワクします。

こうなのかもしれない、あぁなのかもしれない、こうだったらいいななどと想像しているとすごく楽しいですよね。「モルダー疲れているのよ」と先生の声が聞こえてきそうな常識では考えられない生き物も出来事もまだまだあるよねきっと。

映画『寄生獣』、原作を読んだ人も楽しめる映画なのでまだ観ていない人はぜひ観てみてください!

私もそうでしたが、イメージを崩されたくないという実写化に抵抗のある人でも、観ているうちに実写化で観られてよかったと思えるのではないかなと思います。

寄生獣 新装版 コミック 全10巻完結セット (KCデラックス アフタヌーン)

寄生獣 新装版 コミック 全10巻完結セット (KCデラックス アフタヌーン)

 

関連記事